ノンエー石鹸の効果を実感するためのコツとは?

ノンエー石鹸は効かない!効果なし!って本当なの?

 

ニキビが増えやすい肌質に悩まされている人に最適なのが、大豆やクワやローヤルゼリーなどの栄養を肌に補充して、肌に活力を与えるノンエー石鹸です。

 

どれだけ皮脂を丁寧に落としていても、肌の栄養が不足していると皮脂の分泌量のバランスが崩れてしまい、ニキビが再び増えてしまう可能性はあります。

 

ノンエー石鹸を使って皮膚に栄養を与える事で、どれだけニキビの量を減らす事ができるのか試してみてください。

 

 

ノンエー石鹸の効果を高めるためには!

 

洗顔をする時間帯にも注意しなければいけません。朝に起きてから外出するまで何時間も余裕があるという人でも、起きた直後にノンエー石鹸を使って洗顔をしておく事を推奨します。就寝中に毛穴の中でアクネ菌が増殖したり、皮脂が固まって毛穴を塞いでしまう事も多いためです。

 

朝に起きたら温かいお湯に顔を浸して、毛穴を広げてからノンエー石鹸を使って洗顔をしておくと、毛穴の奥にいるアクネ菌なども洗い落としやすくなります。

 

顔を温める事によって、固まった皮脂も柔らかくする事ができますから、毛穴の詰まりを早い段階で落としておく事も可能です。

 

ノンエー石鹸を細かく泡立てながら、泡で皮膚を撫でるように洗っておくと、毛穴の中に泡が入り込みやすくなります。

 

洗顔方法にこだわるだけでも、ニキビを早期に改善しやすくなると考えてください。

 

ノンエー石鹸は敏感肌でも安全なの?

ノンエー石鹸は効かない!効果なし!って本当なの?

 

ノンエー(NonA)石鹸は安全性が高くニキビに効果的な人気の石鹸です。

 

洗浄力の高さがノンエー石鹸の特徴であり、ニキビの原因となる余分な皮脂汚れや古くなって剥がれかけた角質などをしっかりと洗い流して、ニキビの発生を予防することができます。

 

ただし使い方を間違えてしまうとニキビの症状を悪化させ敏感肌の原因になりますので、くれぐれも正しい使い方を心がけてください。

 

  1. ぬるま湯で顔全体の汚れを洗い流します。
  2. ノンエー石鹸を泡立てて、ゴルフボール2〜3個分程度の泡を作ってください。作った泡で顔を洗いますが、この時にはゴシゴシとこすらずに軽く押し当てる程度にします。洗浄力の高いノンエー石鹸は、強くこすらなくても汚れをしっかりと落とすことができるのです。
  3. 顔全体を泡で洗ったらすぐにぬるま湯で洗い流します。泡を付けてから20秒から30秒程度で洗い流すようにしましょう。

 

弱アルカリ性のノンエー石鹸は、敏感肌の人の場合には刺激が強く感じることがあるかもしれません。まずはゴルフボール1個分程度の、少量の泡による洗顔から試してみてください。

 

泡が顔に残った状態で長時間放置すると肌を傷める可能性がありますので、敏感肌の人は顔に泡を付けたら10秒程度で洗い流すようにしましょう。さらに洗顔後にしっかりと保湿を行うことで、肌の乾燥を防ぐことができます。

 

ノンエー石鹸