ノンエー石鹸に副作用はあるのか?

ノンエー石鹸の副作用でニキビ悪化することも!?

ノンエー石鹸に副作用はあるのでしょうか?

 

そもそも副作用とは医薬品の使用によって生じた好ましくない作用のことを言います。

 

よってノンエー石鹸は「医薬部外品」であるために『副作用』という言葉が使用されることはありません。

 

しかしノンエー石鹸は「薬用ニキビ専用洗顔石鹸」というように「薬用」という言葉が使われていることからアレルギー反応などの副作用的な症状が起きても不思議はありません。

 

ノンエー石鹸の成分を調べてみました。

ノンエー石鹸はグリチルリチン酸ジカリウムが主要成分となっています。ステロイドのような抗炎症作用がありますが風邪薬や漢方薬にも含まれており大量に摂取しない限り問題はありません。

 

その他の細かい成分は健康食品などで使用されているほど安全性が高いものが多く、防腐剤であるパラベンや小麦アレルギーの原因である加水分解コムギは一切使われていません。

 

ノンエー石鹸の成分で気になったのはダイズエキスです。

大豆に含まれているイソフラボンが美白効果を促進させたり皮脂の分泌を整えてくれる効果が期待されますが、豆類にアレルギーがある場合は注意が必要です。念のためパッチテストで確認をする必要があります。

 

ノンエー石鹸の副作用の結果!

結果としてノンエー石鹸はかなり安全で肌に優しい無添加の薬用石鹸です。ですが副作用的な作用が全く無いとも言い切れませんので、特に敏感肌やアレルギー体質の方は事前にパッチテストをして確認しておけば安心です。

 

ノンエー石鹸でニキビが悪化することは?

ノンエー石鹸の副作用でニキビ悪化することも!?

ノンエー石鹸は、ニキビ予防のための薬用ニキビ専用洗顔石鹸です。

 

そして、無着色無香料無エタノール無鉱物油の医薬部外品です。

 

ノンエー石鹸の特徴は、豊かな泡立ちで優しく洗い上げる泡を作り出すことです。この泡を作り出すために、カリ含有石鹸素地を開発し、通常の石鹸素地の4倍の弾力を実現しています。

 

洗顔において大切なことは

弾力性のあるきめ細かい泡をたくさん作り出すことです。できるだけ早く簡単に作ることが理想の洗顔に結びつきます。これが上手くいかないと、洗顔によってお肌を傷つけてしまうことになります。

 

ノンエー石鹸を使ってニキビ悪化につながるとしたら

正しく泡立てずに使っている可能性があります。水分が多くほとんど泡立てていない状態であれば、せっかくの効果が期待できず、かえってニキビを傷つけ、悪化させてしまうことになります。そうならないために、しっかり使用方法を読んで正しい洗顔をしていきましょう。

 

初めて購入した人には、専用の泡立てニットが付いてきます。

ノンエー石鹸を泡立てネットに、優しく滑らせてネットにゴシゴシも見込みながら泡立てます。水分を少なめにして、きめ細やかなしっかりとした泡を作り出しましょう。手を下に向けても落ちない、肌触りも滑らかな泡で、毛穴をしっかり洗浄することができます。

 

ノンエー石鹸