ニキビ跡の原因!

ニキビ跡原因

ニキビ後の原因を考えてみましょう。

 

文字通りニキビの後が残り、でこぼこになっていたり肌荒れしてあいるのがニキビ跡です。

 

ニキビの後、ニキビが治らないでニキビ後になってしまうのには、もちろん原因があります。

 

 

まずは、ニキビができてしまったときに、ケアするよりも刺激してしまい、ひどくなってしまったことです。

 

ニキビができると気になっていつも手で触っていると肌に刺激を与えることになり、より悪化してしまいます。

 

また、ニキビの治りかけの時につぶしてしまう人がいます。これも、跡になってしまう原因を作っています。

 

ニキビがひどくなってくると、ひどいと化膿してくる場合があります。

可能した状態が治ってくると、結局クレーターのようなニキビ跡になり、ニキビができやすい肌になっているのです。ニキビができやすくなったニキビ跡の肌は、じっくり肌質を改善することに取り組んでいくほかはありません。

 

人によっては、3か月あるいは半年以上の時間を必要とします。

ただ、ニキビ跡に悩んでいるのならそのままにしておかないでなにか改善策を試してみることをオススメします。肌の表面と身体の内側からの両方からのケアが必要となっています。

 

ニキビ跡の原因は、ニキビをこじらせてしまったことです。

 

 

ニキビ跡とターンオーバーの関係とは?

ニキビ跡原因

ニキビ跡とターンオーバーは、密接に関係しています。

 

そもそも、ターンオーバーとは何でしょう。

 

これは、肌の再生期間のことです。

 

 

肌は、古い角質が落ちて新しい角質が作られます。

その入れ替わりのひとつの周期がターンオーバーです。通常、1回のターンオーバーは約28日、ほど1か月と言われています。ニキビ跡ができるということは、このターンオーバーが正常に行われていないということです。

 

ではなぜターンオーバーが正常になされていないかといえば、肌が元気ではないから、といえます。ニキビ跡ができてしまっているのですから当然ですね。

 

肌が元気になるには、乾燥していたりハリやツヤがなくなっている肌に栄養を与えてあげることです。肌の表面を清潔にするために洗顔したり、内側から改善するようにバランスの良い食事をすることで、肌が元気を取り戻していきます。

 

すると、ターンオーバーはだんだん正常化してきます。

きちんと約28日の間に肌が再生する力を取り戻します。これで、ニキビ跡は少しずつ薄くなっていくでしょう。とはいえ、ニキビ跡が完全にきれいになるまでには、かなりの時間が必要です。つまり、ターンオーバーが完全に正常化するまでには、時間がかかるということです。

 

ニキビ跡対策を始めてから、3回目あたりのターンオーバーから変化が出てくると言われています。

 

 

関連ページ

生活習慣は?
ニキビ治す生活習慣はないのか、ご説明します。仕事や人間関係でストレスが溜まったり、睡眠不足だったり、昼夜逆転の生活が続いたりするとニキビができたりします。普段の生活で気を付ける事を説明します。
タバコはにきび跡に?
タバコはにきび跡に影響しないのか、ご説明します。タバコを吸うと、ニコチンという物質が身体の中に入ってきます。これが問題なのです。肌が栄養不足になり、肌トラブルになります。